MISSION

MISSION

テクノロジーの力でM&Aに流通革命を

日本は今、時代の曲がり角に突入しています。この時代に生きる我々は、何をなすべきなのだろうか?歴史を振り返ると人類は、その時代の急所になっていた課題を解決することで、発展してきました。

我々が取り組む事業は日本の産業の継続的な発展支援。そのために解決すべき課題は「事業承継」と「スタートアップのEXIT」。事業承継が滞れば既存の伝統や産業は縮小し、スタートアップのEXITがスムーズに進まなければイノベーションの連鎖が生まれず、産業の成長が止まってしまいます。「M&A」は、これらを解決可能なソリューションであると考えています。

事業承継問題では、現状、経営者が高齢で後継者不在の企業約60万社に対して、中小企業M&Aの件数は年間1,500件程度しかありません。この大きすぎるギャップを埋めるにはどうしたら良いのか?

スタートアップのEXITにおいては、資金調達環境は改善し活況のように見えますが、ここ数年のIPO社数は横ばい。スタートアップにIPO以外の出口が増えないと、投資家は損をし、結果、次の世代への資金循環が止まる危険性があります。

我々M&Aクラウドは、テクノロジーの力でM&Aをもっと簡単に、もっとスマートにすることで、上記の課題の解決を飛躍的に進ませ、時代が求める役割を果たしていきます。
VISION

時代が求める課題を解決し時価総額10兆円企業へ

例えば、エネルギー革命を起こした石油。高度経済成長期における家電や銀行。PC、スマートフォン、検索エンジン、AI・・・それぞれの時代における重要な課題を解決し、人類を一歩前進させた企業だけが、後世にその名を残すことができる。そして、我々、M&Aクラウドも歴史に燦然と輝く企業の1つになりたい。

我々の事業であるM&Aのプラットフォームは、企業と経営の最適配置を行い、流動性を高める「挑戦をエンパワーメントするエコシステム」であり、これからの時代が直面する課題解決の手段となり得ると考えています。

時価総額とは「どれだけ大きな課題を解決することが可能か否か?」を表す指標です。「10兆円」という数値は、我々が解決する課題の大きさを表します。志高く、世界を代表する偉大な企業を目指し、挑戦します。

VALUE

企業価値最大主義の1・2・10

M&AクラウドのValueは、「1 Team」「2nd Priority」「10 Player」の3つを持つ人材が集まることで、ミッションを実現し企業価値が最大になるような思想で策定しております。
"1 Team" みんなで1つのチームになろう。
スタートアップというジェットコースターに乗っているかのような「人生の非日常」。
やった分だけ、会社は伸びるはず。
こんな無茶な働き方ができるのは、今だけかも知れない。
どうせやるなら、楽しくやろう!
誰かが達成したらみんなで喜び、誰かが調子悪かったらみんなで補う。
喜びも悲しみも共有できるようなエモいチームで1つになろう。
"2nd Priority" 顧客第一になろう。
それ以外の都合は2番目に置いておいて、まずはなによりユーザーを大事にすること。ユーザーが求めることに素直に応えること。
長期の視点ではユーザーにもっとも価値を提供できる会社が、必ず流通革命を起こす。自分たちの作ったサービスで、ユーザーが喜ぶ瞬間は最高の時間だ。
とにかく迷ったら自分達のことより、ユーザーのことを考えよう。
"10 Player" T型人材は当たり前だ。
Investorの視点でT型人材を突き破れ。
イノベーションの種は、専門性と他分野をクロスする事で発芽する。
ただし、それだけでは育たない。時間帯効果や費用対効果、投資対効果の栄養を注ぐことで、天高くまっすぐに成長する。
まずは専門性(↓)を徹底的に磨き、その他分野(↔)に知見を広げ、常に投資対効果(↑)を意識することを忘れずに十になろう。そうすれば、必ず時価総額10兆円を牽引するプレイヤーとなる。